トップページ / 事業案内 / ソーラー発電の仕組み

ソーラー発電の仕組み

暮らしの中で自然と省エネを意識

屋根等に設置された太陽光モジュールに太陽光が当たると発電します。この電気は直流の為、家庭で使用できる交流にパワーコンディショナを使って変換します。
パワーコンディショナから家庭の分電盤に接続し、自動的に電気を買ったり売ったりできるという仕組みです。
昼間に発電した電気は家庭で利用し、余った電気は電力会社が買い取ってくれます。夜間など発電できない時は必要分のみを電力会社から購入し、自動的に使い分けるので、光熱費を節約することができます。
ソーラー発電モニタを利用すると、発電や消費電力の様子など節約効果を目で確かめることができるので、暮らしの中で自然と省エネ意識することにつながります。

ソーラー発電の仕組み

① 太陽電池モジュール
太陽光を受けて電気を発生させるパネル

② 昇圧ユニット
昇圧比を自動的に設定する

③ 接続ユニット
太陽電池モジュールからの配線を一つにまとめる

④ パワーコンディショナ
集まった電気を家庭で使える電力に変換する(直流を交流に)

⑤ 住宅用分電盤

⑥ 家庭用電気機器

⑦ 売電・買電 電力量計

⑧ ソーラー発電モニタ送信機

⑨ ソーラー発電モニタ表示機

太陽光発電に関するお問い合わせ